Bing
トレーナー養成とクラウド けいはんなITトレーニングアカデミー
最終更新日:2013年12月29日
ホーム > Microsoftクラウドサービス > Microsoft Online Services 導入事例

Microsoft Online Services 導入事例

Microsoft Online Services 導入により、コストを削減し、生産性が大幅に向上 !!

弊社トレーナーが実際に使っています。

導入企業:けいはんなアイティトレーニング株式会社

京都・大阪・奈良にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で、マイクロソフトのラーニングパートナーとして、マイクロソフト製品のコンサルティングやトレーニングを行っているけいはんなアイティトレーニング株式会社。その小規模企業がMicrosoft Online Services 導入により、コストを削減し、大幅な生産性の向上に成功しました。

導入背景と狙い

弊社は、企業様に対するMicrosoft Office system やMicrosoft Office SharePoint Server、Microsoft Exchange ServerなどのIW トレーニング向けマイクロソフト製品の利活用トレーニングを得意としております。 また、併設のITスクールである「けいはんなITトレーニングアカデミー」では、マイクロソフトオフィシャルトレーナー(MOT)やICTマスターなどのトレーナー養成コース、MCAオフィシャルコースなど数多くの一般顧客様が受講されます。 従業員全員がマイクロソフトオフィシャルトレーナーであり、少数精鋭のプロフェッショナル集団としての小規模企業であるがゆえに、各トレーナー自身が営業活動や研修受付業務からカウンセリング、また社内の経理や総務業務、システム維持管理なども含めた幅広い業務を自分でこなしていくことが求められます。
トレーナーによっては、企業様や受講生様とのメールのやりとりを1日100通近くこなしたり、終日研修に入っていたりすると、受信トレイに電子メールが山のように溜まる状況でもありました。仕事のスピードが重要な時代において、全国各地への出張も多く、夜間・休日含めて、移動中やホテル、自宅で電子メールを処理したり、研修コース設計を行ったりなどが必要となります これまでは、ISPのメールサーバーを利用し、電子メールは、別のアドレスに転送するなどして対応していました。社内ではファイルサーバーによる情報共有を行っていましたが、上記のような業務形態であるがゆえ、ファイルの同期の問題や過失によるデータ消失のリスクなど現状の運用に限界が生じていました。
弊社のトレーニング得意分野が Microsoft Office SharePoint Server、Microsoft Exchange Server ですので、それらの製品の特徴や機能に精通しており、導入メリットについては十分熟知しているのですが、社外からのアクセスも含めて、自社での運用となるとセキュリティに対する備えやトラブル時の対応、ハードウェアやソフトウェアのバージョンアップなど研修だけで手がいっぱいのトレーナーが即時対応できるだけの余力はありません。

そんな時、パートナーカンファレンスでご紹介いただいたMicrosoft Online Servicesが弊社のビジネスモデルには願ってもないサービスであると考え、導入に踏み切りました。

導入の経緯

弊社の各トレーナーが最も必要であったことは、いつでもどこでも社内のリソースにアクセスができ、電子メールやファイルなどの同期が常に取られていることでした。 Microsoft Online Services により、いとも簡単にそれが実現できました。

万全のセキュリティ対策やSLAにより安心・安全・信頼を提供してくれます。また、そのようなシステムの運用については、ほとんど考える必要がないため、各トレーナーは、研修実施やコース設計、お客様とのコミュニケーションなど日々の業務に集中できます。飛躍的な生産性の向上により、創造性の高い仕事にシフトできます。 さらには、運用コストは、Microsoft Online Servicesへの移行後、総金額で約2/3となりました。サブスクリプションモデルでのユーザー数による安価な単価体系に満足しております。弊社のような小規模企業でも導入できます。 ユーザーサポートも充実しており、電話やWebでのサポートが非常に親切・丁寧でわかりやすく、期待以上の回答を返していただけます。モバイルに対応しているのもうれしい限りです。 現行システムからの移行ツールも準備されていますし、Active Directory との連携も可能です。導入の障壁に悩む必要はありません。

システムの概要

弊社が導入したのは、Microsoft Online Services の代表サービスであるBPOS(Business Productivity Online Standard Suite)10シートです。Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint Online、Microsoft Office Live Meeting、Microsoft Office Communications Online がセットになったスイート製品です。

1か月間の試用期間中に評価を行い、当初は、Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint Online の運用だけでも十分と考えていましたが、出張中のトレーナーとの打ち合わせや在籍状況確認のためにMicrosoft Office Live Meeting、Microsoft Office Communications Online による新たな付加価値も生み出されてきています。

今後の展望

弊社は、オンラインサービスパートナーとしても登録されています。これは、アセスメントテストに合格し、Microsoft Online Servicesを販売できる資格を持ったパートナーのことです。

自社でBPOSを運用することによる自社内の生産性の向上や付加価値の創出だけではなく、日々の利用ノウハウや利活用方法を中小企業から大企業まであらゆる企業様に積極的にご提案してまいります。
Microsoft Online Serviceの導入から運用までのコンサルティング、さらには、元々得意とするMicrosoft Office SharePoint Server、Microsoft Exchange Serverのトレーニングと結び付けることによる新たなビジネスチャンスが出てまいりました。